歯にはめるだけで矯正可能【マウスピース矯正が歯の未来を変える】

HOME>記事一覧>歯の健康まで改善する!マウスピース矯正で綺麗な歯を自慢しよう

歯並びに関する基本的な情報を得よう

歯並びが悪い状態のことを不正咬合といいます。不正咬合の主なものとして、上顎前突(出っ歯)、叢生(乱杭歯・八重歯)、下顎前突(反対咬合・受け口)、開咬(前歯が閉まらない状態)があります。不正咬合になる原因は主に顎です。柔らかいものばかり食べる食生活などで顎の成長が不十分であることや、口腔内で舌を収めておく位置に問題があるために顎の骨格に歪みが生じることで不正咬合になります。また、欧米人と比べて、顎の骨格が小さく歯を収める口腔のスペースが狭い日本人の場合、歯が一列に並ばずに不正咬合になりやすい傾向にあります。

歯並びが整っている人と整っていない人の歯に関するトラブルのリスクを比較

虫歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪い人はいい人に比べると、虫歯や歯周病になりやすいです。歯並びが悪いと歯磨きもやりにくく、歯医者で治療しても完璧に綺麗にすることが困難であるからです。年齢を重ねていくと歯茎は自然と下降していく傾向にあるのですが、歯周病の人はその進行が普通より速く、最悪の場合は歯が抜け落ちることもあります。

顎関節症や口臭に悩まされることもある

歯並びが悪い人で、顎の中で歯が綺麗に収まっていない状態であると、かみ合わせが安定しないために、顎の関節や筋肉に負担が生じます。物を噛む時や口を開ける時に痛みを感じたら顎関節症の可能性があります。歯周病のために歯と歯茎の間に深い「歯周ポケット」ができて、食べかすがそこに残ったままの状態で放置しておくと、歯周病菌や歯垢が溜まって口臭の原因になります。また、歯茎の炎症がひどくなって膿が出てくるほどの歯周病になると、強い臭いを発するようになります。

一般的に歯の矯正治療には時間がかかってしまう

すぐに歯並びをよくすることはできません。矯正治療の方法にもよりますが、一般的なブラケット矯正(「ブラケット」という小さな器具を一つ一つの歯に取り付けて、それに通したワイヤーを少しずつ引っ張って歯列を整える方法)の場合、2年から3年を要します。矯正治療をしていることがわかりにくいマウスピース矯正「インビザライン」による治療でも、おおよそ1年半から2年半はかかります。大人の場合、歯の位置がすでに固まっていて歯が動かしにくいので、人によっては5年ほど必要とするケースもあります。また、治療後も良い歯並びを保つための保定期間があります。

マウスピース矯正で歯並びを整える際の流れ

カウンセリング

まず、専門の医師が歯並びを見て、歯の悩みについてカウンセリングします。矯正治療についても説明してくれます。この時にインビザライン装着時の注意点など、疑問や不安に思ったことがあれば質問してください。矯正治療には高額な費用がかかり、長期戦になりますので、治療に関することは遠慮せず聞いておいた方がいいでしょう。

精密検査

治療を希望する場合は、口腔内検査やレントゲン撮影で口の情報を詳細に集めて、インビザライン装着に当たっての歯型採取をします。

治療計画の説明

精密検査で得た情報をもとに、矯正治療に要する期間や費用、通院の頻度について医師が説明をします。虫歯や歯周病を治療する必要があるかということや、悪い歯並びがどのように動いてよい歯並びになるのかということも教えてくれます。治療内容に納得がいったら、契約成立で専用のインビザラインが発注されて矯正治療がスタートします。

インビザライン装着

専用に作られたインビザラインを装着します。インビザラインは取り外し可能であり、着脱方法は手入れの方法を医師が説明します。食事や歯磨きの時に外していいということがインビザラインのメリットですが、一日に必要な装着時間がありますので、医師の説明をしっかり聞いておきましょう。治療の段階に合わせて、通院時に新しいインビザラインへの取り換えもしてくれます。

治療終了後の保定

歯並びが綺麗になってインビザラインを外してもまだ終わりではありません。従来からある舌の悪癖などにより、歯の位置が元に戻ってしまうことを防ぐ必要があります。綺麗な歯並びを保つために、一定期間の間は保定装置を装着して引き続き通院します。

歯の健康まで改善する!マウスピース矯正で綺麗な歯を自慢しよう

歯並びが綺麗に整うと虫歯などのリスクを大幅に低減できる

歯並びが綺麗になると、食べかすが残りにくくなり歯磨きがしやすくなるので、虫歯や歯周病のリスクが大きく減ります。また、歯周病で悩んでいる人は歯並びが原因の一つにあることも考えられます。歯周病の程度にもよりますが、矯正治療ができるなら、歯並びを整えることで歯周病の改善を期待できます。

歪んだ歯並びを放置するとトラブルのリスクが高まるので早めに治療しよう

歯並びが悪い状態を放置すると、虫歯や歯周病のリスクが増すだけでなく、顎関節症や口臭に悩まされる可能性も出てきて、日常生活に支障を及ぼすことが危ぶまれます。特に口臭は、対人関係においても悪影響を及ぼしますので、深刻な悩みに発展するかもしれません。歯並びに悩みのある人は、お金と時間が許すなら、矯正治療を考えてみることをおすすめします。

広告募集中